Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


アルフォンソマンゴーの謎

20170730210948881.jpg
香港、重慶大厦で購入したアルフォンソマンゴー
ラトナギリ産!!

放置しているブログですが、まだ誰か訪問していただくことがあるのでしょうか。
こんばんは。ご無沙汰しています。
元気です。転移も再発もしていないですし、変わらずに好きに生きています。
写真は年始にロンドンで少し撮ってから撮っていません。それなりに撮れていそうなので焼かないと。。
マンゴー栽培にズッポリです。5月に香港に行ったのですが、iPhoneしか持って行きませんでした。
写真機を持ち歩かない旅なんて初めてかもしれないです。9月にも行くのでロケハンみたいな感じでしたが、
とにかく身軽でした。

香港にはアルフォンソマンゴーを食べに行ってきました。
マンゴーはミバエという害虫防止で日本向けの出荷では一定の熱処理が行われます。
アルフォンソマンゴーは種子の殻の部分が熱に弱く、熱処理をするとその殻の部分が変質してしまいます。
皮が薄く、皮がもたないようなことが書かれていることがありますが誤りです。
アルフォンソ種の種子の殻はとても硬いんですが、不思議ですね〜。
まあ、そんな理由で日本で食べられることは稀です。少量が入ってくるのを何とか狙い撃ちして購入している方々がほとんど。スーパーに並ぶことなどほとんどないです。

20170730211033427.jpg
アルフォンソマンゴー(ヤバい)

さて、このアルフォンソマンゴーの食味ですが一般ウケはしないものと思います。
マンゴーを食べ慣れている方やインドで長いこといた人間にはたまらなく感じるのかもしれませんが
独特の香りがあります。
日本で流通するアーウィン種(宮崎の太陽のたまごなど)も美味しいのですが、パンチがありません。
このパンチのない味が最も受け入れられているのが現状です。
でも、不思議ですね。お菓子やアイスなどで見かける「アルフォンソマンゴー使用」の文字。。
ほとんどの方がこのマンゴーの王様であるアルフォンソ種を食べたことがないのに、どこもこぞってアルフォンソを使用していることを謳うのです。
私は好きなので海外までそれを目的に食べに行きますが、食べたことがないものをウリにできるって凄いことだと思います。
アルフォンソ種は濃厚なのでピューレにして使うと歩留まりが良いのでしょうね。それが本当のところだと思います。
濃縮したような感じでしょうから。ただ独特の香味がピューレにすると消えてしまいます。
日本の横文字文化崇拝もほどほどにしなければいけませんね。

私はというと香港やシンガポールまで食べに行くのも高いので、ベランダで頑張って育てています。
こないだの雹でメタメタにされてしまいましたが。。

スポンサーサイト

2017.07.30(Sun) - 近況


魂を洗濯してきました

クイーンズハウスの螺旋階段
クイーンズハウスの螺旋階段

今年も恒例の魂を洗濯する旅に行ってきました。
今回はイギリスへ。。約20年ぶりです。
私の目的はクイーンズハウスの螺旋階段とシティセンターの螺旋階段です。
再訪したら必ず見てみたかった場所でしたが。。。
正直、鳥肌が立つほど素晴らしいものでした。
私の針穴写真の大先輩であるしきはんさんなんかはこれ見たら倒れるんじゃないかと思いますよ。
針穴写真はご存知の通り、露光時間が半端なく必要です。1ショット撮るのに5分とかザラですし。。
こういうエキサイティングな光景に巡り合えても1ショットしか撮れないことが非常に多く
(まあ、1枚も撮れないなんてことも当たり前なんですけどね)
興奮して構図や露出なんかを間違えた時点で終了という厳しい側面もあるように思います。
ってことですが、一応針穴してきました。
嗚呼。。。3時間、無人の状態で場所を貸し切りたい。。

んで、こっちがシティーセンター
シティーホール螺旋階段
ロンドン市庁舎の螺旋階段

いいでしょ?やばいでしょ?
興味ない人にはチンプンカンプンだとは思いますが、ツボな方々にはわかっていただけるものと思いますよ(笑)
鳥肌立つし泣きそうになるし。。
ホント、素晴らしかったです。

もちろん、それだけで終わるわけでもなくブラブラしてきましたよ。

セントパンクラスホテル
セントパンクラスホテルの階段ホール

タワーブリッジ近くのビル
タワーブリッジ近くの近未来的ビル

ロンドンはオリンピックを境にだいぶ変わったのだと思います。
当たり前かもしれませんが、20年前とは微妙に変わっていました。
美味しいスコーンにたっぷりのクロデットクリームとジャムで口いっぱいにしながら、良い休暇でした。
すっかり毒気が抜けましたよ。やっぱ、たまのガス抜きは必要ですね。

イギリス行ったらプレミアも見たかったので、マンチェスターにも足を伸ばしてきました。
セリエAよりもエキサイティングでした。
エディハトスタジアム
エディハトスタジアム

とにかく熱気が凄かったです。
そういえばマンチェスターに移動する前の晩にパブでお店の方と話をしていたのですが、マンチェスターに行くと行ったら、
サッカーか?
ロンドンでも観れるぞ
マンチェスターは小さい街で見どころなんかない
と矢継ぎ早に言われました。どうやら彼はチェルシーあたりのファンだったようです。
最後に
ロンドンは楽しいな?ベストだな?
と言われて苦笑してしまったのですが、ファンの熱意は半端じゃないみたいです。
他は一切認めないですから。。

楽しく優雅な旅行でした。
針穴したのも良く撮れていればアップしますね。
フィルムスキャンがつながるパソコン買わなきゃ。。



2017.01.27(Fri) - 近況


5年

成田空港201607

10月13日で告知を受けてから5年になりました。15日で禁煙も5年。来月の2日で術後5年。
5年という時間が長かったか短かったかどうか分かりません。
残念ながら病気のことを丸一日忘れることは一回もなかったですし、死についても飽きるほど考えました。
今回のことで何かを悟って達観できるようなこともあるのかなと思っていましたが。。
私は頭が悪いので、病気も死も5年考えてもそれらが何なのか分からずじまいでした。

今後も身体のことは気をつけて過ごしますが、ひとまず区切りの5年ということで皆さんにお礼を。
ありがとうございました。

この記事がUPされる頃、東南アジア上空にいる頃かと思います。
素晴らしい写真を撮って帰国の途についていることを願って。。


2016.10.25(Tue) - 乳がんのこと


ついにこの時が!

20160918マンゴー様1
ついに収穫したマンゴー様を頂く日が来ました。
包丁で開けてみると素晴らしい状態でした。
早期摘果だったので心配したものの。。

20160918マンゴー様5
味はしっかりとしていて、売り物になるレベルでした。

う!旨いっ!

農家に転身する日も近そうです(笑)

20160918マンゴー様2
中にしっかりとタネが入っていて。。。
20160918マンゴー様4
殻を開けてみると、なんというか立派なタネでした。
苗木が息子だとすると、実が孫のような感覚になります。
そうするとタネはひ孫のような感覚に。。。

20160918マンゴー様3
もう苗を増やしてはいけないのですが、ついつい水栽培を始めてしまいました。

感無量ではあったのですが、こんなに時間をかけて育てた実はあっという間になくなってしまいまして。。
結論として皆様にお伝えしたいのは。。。







買った方が安いということでしたw


2016.09.19(Mon) - マンゴー栽培


追熟13日目

玉文六號 追熟13日目
玉文六號

私の育てているマンゴーの種類はいくつかありまして、今年結実したのは玉文六號という品種とアーウィンという品種です。
アーウィンは宮崎や沖縄で栽培の中心になっている品種ですが、玉文六號を栽培している農家さんはだいぶ少ないようです。
追熟型のマンゴーである玉文六號は開花から120-140日位で収穫して追熟させますが、度重なる台風の影響を懸念して約90日で収穫しました。
追熟させながら様子を見ていたのですが、甘い香りは全くせず、失敗したかと頭を抱えていました。
しかし、ここにきてようやく甘い香りがしてきました。
いよいよ食べられそうです✌


2016.09.13(Tue) - マンゴー栽培





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。