Recently
Archive
Category
Link
Profile


木下君と木下Ⅱ君

monochrome49.jpg

インド ウーティ(我が身を案じるニワトリの木下君)

紅茶の名産地として名高いニルギリ。ウーティはそんな高地にある。
牛に感謝をする祭があるとかで非常にエキサイティングだとロンプラ(ロンリープラネットというガイドブック)に書いてあったので訪れてみたが、全くそんなことはなく、日々の散歩とメシだけで1週間程ぼんやりとしていた。
市場では沢山の食料品、雑貨が売られていたが毎日通りかかる肉屋でニワトリが解体後の仲間の姿を心配そうに見つめているのが印象的だった。だんだんと情が沸いてきて、私は彼に木下という名前をつけてやった。なぜ木下かというと、何となくであって理由はないんだけど。。。

同じようなことはバングラデシュの街でもあって、彼の名は木下Ⅱ(超てきとうだ…)という名前で毎日のように心配そうな顔をしていた。
木下Ⅱにも情が沸いてきて、彼がいつ解体されるのか心配であった。しかし業というか何というか、人間とはとても残酷であるのか、彼は私に食べられてしまったのだ。
ちょうど肉が食いたかったということもあるけれど…、できれば木下Ⅱ君以外にしたかったが在庫がないために仕方なくそうなってしまったのだ。

この写真を見ると心が痛む。
木下Ⅱ。。。。。

でも、美味かったよ。絞める時はちょっと気が重かったが…。。。
自分の手で絞めることで普段スーパーに並んでいる肉塊が何たるかを知れるのだと思った。




2007.04.07(Sat) - 旅の写真





/